ハイスペック マグ Drieasy ドライイージー

Information

乾き易いハイスペック マグ Drieasy ドライジー

『どこにでもありそうなマグカップ』

『どこにでもありそうなマグカップ』とは、
どのような形をしているのでしょう。

考えてみると、とても難しいです。

ひとつ言えるのは、
どこにでもあるということは、
どこででも受け入れられる形状をしているということです。

飽きのこないシンプルなもの。
それでいて、よく見ると洗練されている。

Ugadell Designは、
そんなマグカップのカタチを目指しました。

排水システムで乾き易い

従来の食器は、食洗後の裏底に水が溜まり、
乾燥させても完全には乾きにくく、最終的にその残水を拭きとって
棚にしまうというのが一般的でした。

拭きとるというのはちょっとした動作ですが、とても煩わしいものです。

本製品は裏底に排水口を設置し、
そこに指向性を持った面で水を誘導し、
取っ手を伝い外部に排水します。

これにより裏底に水が残りにくく、マグカップが乾き易くなります。

使いたいときに、カゴから取ったマグカップが乾いているというのは
非常に気持ちの良いことです。

持ったときの安定感

特に女性やお子さんは、マグカップを持ったときにグラグラしてしまい、
中身をこぼしそうになった経験があるかと思います。

それは、通常取っ手の外側は丸く、
支える部分が安定しにくいからだと思います。

本製品の取っ手は、下方の支える部分に溝を入れることで、両側に山を作り、
その二つの山が、二点でしっかりと指に定着するので、持ったときに安定します。

内底傾斜で乾き易い

裏底が排水システムにより水が溜まりにくく乾き易い説明をしましたが、
内底も乾き易い工夫がされています。

従来の円筒マグカップは内底が平らに近く、逆さに置いたとき、
なかなか水滴が落ちませんでした。

本製品は、逆さに置いたとき、内底の中心から側面にかけて面を傾斜させ、
かつ、内底と側面との繋ぎ目に丸みを持たせることで、
本体内側の水滴の排水効果を向上させました。

これによりマグカップ内側に水滴が溜まりにくく、内側も乾き易くなります。

インスタント系、溶かします

コーンスープを飲んだ後、粉が溶けきらずに底に残ってしまい、
味が薄くなったり、最後に濃くなったりした経験はないでしょうか。

これはスプーンとマグカップの底とに隙間が生じ、
スプーンが届かない位置に粉が残ってしまうからです。

本製品は本体内底の周りを丸くし、
スプーンとマグカップの隙間を極力無くしました。

これによりコーンスープやコーヒー等、
様々なインスタント系の飲み物を
最後まで溶かし易くなり、上記の悩みを軽減させることができます。

食物のカスを洗い流して衛生的に

食洗機で食洗後、食器の裏底に溜まった水の中には食べ物のカスが
一緒に混ざっていることがあります。

そのまま乾燥してしまうと裏底にそれらがこびりつき、
洗い直しが必要になったり、
食器を重ねたときに他の食器の内側に移ってしまったりと、
衛生的ではありません。

本製品は排水口を穴ではなく切欠きにすることで、
小さな食べカスから大きめの食べカスまで排水させ、
食器を衛生的に保ちます。

取っ手を清潔に

マグカップを使用するときに一番触れるのは取っ手の部分でしょう。

本体内側の洗浄にばかり気を取られがちですが、
人の手が良く触れる取っ手の部分は
最も洗浄したい部分でもあります。

本製品は裏底の面積分だけ受けた洗浄水を取っ手に流すので、
通常よりも多く洗浄することが可能で、
その分、
取っ手を清潔にすることができます。

スポンジ、あたる

従来の円筒マグカップは本体内底の周りが直角に近く、
スポンジがあたりにくく、
最も汚れが付く箇所が最も洗いにくいという構造でした。

本製品は『インスタント系、溶かします』で述べた通り、
本体内底の周りに丸みを持たせているので、
スポンジがあたり易く、汚れが落ち易いので、
手洗いをする場合は従来に比べ楽に洗うことができます。

汚れ、一点集中

『スポンジ、あたる』でも述べたように、
従来の円筒マグカップは本体内底の周りが直角に近く、
その部分に飲み残しが溜まるので、
最も汚れが付く箇所が最も洗いにくいという構造でした。

本製品は本体内底の中心に向けてほんの僅かな傾斜を付けています。
これにより、隅の部分に汚れが付きにくく、
中心に飲み残しが集まるようになり、
飲み残しが乾燥してできた跡は一点集中し、
更に、洗い易い位置にできるため
従来に比べ洗い易く汚れにくい構造になりました。

また、最後の一滴まで飲みたいという方にも
おすすめの機能かも知れません。

MADE IN JAPAN (KOFU × MINO × SETO)

本製品は日本製にこだわっています。
工程は大きく4つに分かれますが、各工程をそれぞれの専門家が担当しております。

【デザイン】
知る人ぞ知るジュエリー生産国内トップ、甲斐の国は甲府
ジュエリー業界では『ジュエリーは人を幸せにするためだけに存在する』とよく言われます。
そんなジュエリー業界出身のデザイナーが、
人々を幸せにできるようなマグカップをデザインしました。

【石膏型】
窯業業界でいち早く3DCAD・CNCを用いた精密石膏型製造のパイオニア、美濃地域の専門業者
本製品の石膏型はとても特殊で、マグカップとしては異例の方法で製造しています。
構造が複雑な本製品はこの専門業者の精密加工やノウハウなくしてできません。

【成型】
1300年の歴史があり、日本六古窯に数えられる瀬戸
成型は最も重要な工程で、商品の良し悪しがここで決まると言っても過言ではありません。
熟練職人が上記特殊石膏型を使いこなし、きめ細かな手作業による仕上げを行います。

【焼成】
陶磁器国内圧倒的トップシェアを誇る美濃焼
これは伝統に囚われず、あらゆるデザインや人の価値観の変化に対応してきた結果だと思います。
焼成だけではなく型設計・成型の総合的管理を、美濃焼の中でも技術に定評があり、
陶磁器の駆け込み寺としても知られる多治見市の専門業者が行います。

資料ダウンロード

お問い合わせ

入力 > 確認 > 完了

件名
お名前
フリガナ
会社名
郵便番号(会社)
ご住所(会社)
市区町村 〜(会社)
電話番号
メールアドレス(半角)
メールアドレス(確認)
お問い合わせ内容

*は必須項目です

会社概要

社名 Ugadell Design
事業内容 プロダクトデザイン デザイン製品販売 ライセンス契約
代表 笹本 陽一
オフィス 〒400-0501 山梨県南巨摩郡富士川町620
電話番号 050-3569-1139 (10:00~17:00 土日祝を除く)